マドリからみる映画『君の膵臓をたべたい』の謎と妄想

 

ストーリー

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。
だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた――。
そして、あることをきっかけに、桜良が12年のときを超えて伝えたかった本当の想いを知る二人――。

映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイトより引用

 

 

以下、ネタバレと謎と妄想あり

映画「君の膵臓をたべたい」メイン画像01

(c) 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社

残された謎について

この映画を観たときあるいは知ったとき、他のどの作品を連想しましたか?

やはり「世界の中心で愛をさけぶ」とかが多いんでしょうかね。
個人的にはゼロ年代の傑作ドラマ「野ブタ。をプロデュース」をふと思い出しました。
独創的なタイトルと男女の関係性がそうさせたんですかね。
あとは漫画「ブラック・ジャック」のゲラ。
孤高の天才外科医ブラック・ジャック(無免許)の高校時代唯一の友人の話です。
もしくはアニメ「ルパン三世 カリオストロの城」なんて方もいるかもですね。

しかし例えばこの映画はそのように他の作品を連想することを利用して、または見越して作品を作り込んでいると言ったらどう思いますか?

あるいは映画のタイトルであり重要なセリフでもあるこの『君の膵臓をたべたい』ですけど、このワード自体の意味を一言でズバリと説明するのってけっこう難しくないですか?
いざ説明するとなるとかなり大雑把になるというか、どの時点の誰目線の話?になるというか。

もしくは、神社のおみくじで「大吉」が出た意味はなんでしょうか?
なぜわざわざ「恋人じゃない」男の子といけないことがしたかったんでしょうか?
図書館が解体されることは誰の願いを象徴しているんでしょうか?

映画「君の膵臓をたべたい」桜良言ったね画像

(c) 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社

要するにこの映画には謎や秘密がまだいくつも隠されているんです。
もちろん純粋に映画を観ても楽しめるし、さらに二回目三回目でも別の視点で楽しめるように作り込まれているんです。

ただし、そういった謎解きや種明かしの類は公式には一切されておらず、よって基本的には自力で映画の中の出来事、そして関係資料から読み解かなければならない、あるいは妄想しなければならないのです。

そしてそういう場合も、一言であれはこうと説明するのはなかなか難しいんです。
根拠が薄いことがほとんどなので、あちこちから材料を集めなくてはいけないからです。

実のところ、いまこの序文のようなものを書いている時点で批評はすべて書き終わっているんですが、添削前の文字数は44000字を軽く超えてしまったんです。
文章の拙さを差し引いて半分だとしても、レビューとしては結構な量じゃないですか?

いや、つまり言いたいのは、この映画の謎を解明または妄想し説明するためには、人によってはそのくらいたくさんの言葉が必要だということです。

 

小説と映画の違いについて

「君の膵臓をたべたい」小説表紙

(c) 住野よる/双葉社

この作品で一番異彩を放っているというか他とはあきらかに違うオリジナリティがあるのは、やはりこの『君の膵臓をたべたい』というタイトルそのものではないかと思います。

このあまりにも惹きつけるタイトルが理由で、その意味が知りたくて小説や映画に興味を持ったという人がほとんどなんじゃないでしょうか?
原作者である住野よる先生はこのタイトルというかワードを思いついたとき、きっとガッツポーズを連発されたに違いないです。

君の膵臓「が」たべたいではなく、君の膵臓「を」たべたいというのもいいですよね。「肉が食べたい」だと欲望丸出しのガツガツした感じがするけど、「肉を食べたい」だとあくまでも希望であり、サラサラした感じがしますもんね。

ともあれ普遍的な単語の端的な組み合わせで、独創的かつミステリアスな表現を成しえた本当に素晴らしいタイトルだと思います。

そしてありがたいことに、原作である小説では重要なセリフや場面についてはわりときちんと説明してくれています。だから秘密めいたタイトルだけじゃなく、例えば登場人物の気持ちが実はこうだったというのも、まあ大体のところは分かります。

ところが映画ではおそらく上映時間やそのリズム感、あるいは映画は言葉ですべてを説明すべきではない云々みたいなこともあって、ほとんど文字としては語られていない
結果、それなりに種明かしのシーンがあるにも関わらず、一見ではなんとなく気分でしか理解ができないと思うんです。

映画「君の膵臓をたべたい」病院約束画像

(c) 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社

もちろん映画なんてそれくらいでいいんですけど、むしろそれであそこまで感動させるのがすごいんですけど、しかし好きになればなるほどもっとちゃんと理解したい、意味が知りたいと思うのも人情じゃないですか?

では原作の小説を読めば答え合わせができるかといえば、そうはならない。
映画には周知のとおり12年後が付け加えられているのはもちろん、キャラ設定やセリフなどが微妙に変更されている部分もあったりします。
つまり映画化による構造変更の結果、「原作にこう説明されているから、映画のあの言葉はこういう意味」とはならないんです。

例えば【仲良し】くんの「何にでもさんを付ける人」というセリフについて、原作である小説では種明かしともいえる記述があります。しかしおそらくそれは映画には当てはまりません
なぜなら「何にでもさんを付ける人の話」は「桜良の付き合った人の話」を知らない状況で語られているからです。

映画「君の膵臓をたべたい」映画と小説の違い画像

(c) 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社

まあ、小説を読んでいない方にはまったく意味のない例えかもですが、もしも興味がありましたら、このあたりを比べてみるのも逆に面白いかもしれません。
個人的には映画ではこのセリフ自体が持つ美しさや奥深さをそのまま保持している感じがして、これはこれで大正解だと思っています。

ともあれ、そういう意味でも基本的には「映画の謎は映画で解明しなければならない」ということになります。

 

映画の構造について

では、そもそもなぜこの映画はこんなに謎が多いのか?

1つめはキャラクターの造形。
本来、映画の登場人物を理解するには、そのセリフや表情、仕草などで妄想していくことになるわけですが、この作品ではミステリー映画のように感情を隠していたりわざと言い回しを変えていたりします。
具体的には【仲良し】くんの「平気な顔」、そして『君の膵臓をたべたい』に代表される桜良の言葉遣いや言い回しなどですよね。

結果、例えばお互いを好きだったのかどうかすらハッキリとは分からない
ジャンル分けをするとしたら青春映画なのにですよ?

しかしだからこそ、この映画にとって「言葉」というのは非常に重要なんですよね。
これこそがファンとして知りたいことだったりするわけですし。

2つめは登場人物には頼れない部分の感情表現や種明かしが、この映画ではその大事な部分が建造物で表現されているということ。

例えば映画ポスターなどに使われるキービジュアルというのは、映像に自信が無ければ特にそうなんですけど、大体演者さんを大きく写します。
この有名な人気俳優さんが出てくるので観に来てくださいね、というのを前面に押し出すわけですね。そして実際日本映画を観に行くお客さんというのは、映像的にはほとんどの場合人間を観に行くんだと思います。

ところがこの映画はそのキービジュアルからして違う。
かなり引いた画ですよね。
人物よりも橋が大きく映っているくらいです。
客入りに影響するとしても画にこだわった、個人的にはすごく男前な姿勢だと思います。

しかし残念ながら、なぜそこまで橋を大きく映す必要があるのかまでは普通は考えない。
つまり背景に意味を持たせても気付きにくいんですよね。

マドリマニアは違います
すごく真剣に間取りやインテリア、エクステリア、建築に絡んだものを凝視します。
映画やドラマに出てくるそれらをそもそも楽しみにしているんです。
そしてだからこそ、この映画はマドリマニアも語るべきだと思ったんです。

3つめは「目には見えないもの」を表現しようとしていること。
これは映画が映像表現の王様だと考えるとなかなかのチャレンジですよね。
音楽で耳に聞こえないものを表現しようとするのに近いかもしれません。

では「目には見えないもの」をどのように表現しているのか。
まあそれをこの批評でひとつひとつ紐解こうとしているわけですが、先に大まかに結論をいえば2つの方法で表現しようとしています。

まずは、様々なものを「」にして語っていくこと。
さらに、同じようでいて実は「変化」させていること。

そうすることによって、その違いやズレで「目には見えないもの」を浮かび上がらせているんです。
逆にいえば何と何が「対」になっていてどう「変化」しているのかが分かれば、この映画の謎というか秘密というか、「目には見えないもの」が分かるんです。

映画「君の膵臓をたべたい」新聞を持つ桜良画像

(c) 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社

ただし、ミステリーなどとは違って最後に探偵っぽいのがすべてを明かしてくれるわけではないので、結局すべては個人的な妄想でしかないというのにも注意が必要です。

さらにこの批評は謎解きだけでなく、ロケ地情報や普通に映画の感想も含まれています。
というか単なる感想のほうが圧倒的に多いです。

この映画が大好きなためではありますが、もしもご参照いただく場合はどうぞご了承ください。

 

<< 前へ       次へ >>